妊娠中に髪を染めるのは安全ですか:ヒントとアドバイス

妊娠中に髪を染めるのは安全かと尋ねると、明確な答えは得られません。あなたの医者と話し、根を染めるのを避けることが最善の策です。

常に最初に医師に相談してください。



アリソンシュミット | 2016年11月14日 妊娠中に髪を染めるのは安全ですか?

妊娠は女性の人生の中で美しい時期です。あなたは人生を成長させているだけでなく、自分自身も変えています。妊娠の浮き沈みのすべてで、あなたはおそらくあなたの心と体が見栄えが良く、気分が良くなる方法を探しています。あなたの髪に関しては、特にあなたの髪を染めることに関しては、あなたができることには限界があると感じるかもしれません。 「 妊娠中に髪を染めるのは安全ですか ‘が出てきたら、さまざまな答えが返ってくるでしょう。 「妊娠中に髪を染めるのは安全ですか」を学ぶために読んでください。



妊娠中に髪を染めるのは安全ですか?

妊娠中に髪を染めるのは安全ですか?

1.医師に相談してください。

妊娠に関する重要な質問がある場合は、必ず医師に相談してください。あなたの医者はあなた、あなたの体、そしてあなたの赤ちゃんを最もよく知っているので、彼らは情報に基づいた決定を下すことができます。妊娠中に染毛剤が頭に浮かんだ場合は、妊娠中に髪を染めるのは安全かどうかについて医師に相談してから、 リビングルーム



2.調査を行います。

妊娠中に髪を染めることを決める前に、これが安全かどうかを調べてください。あなたのカラーリストに聞いて、友達と話し、他の妊娠中の女性と話してください。彼らの洞察を得ることは、あなたが情報に基づいた知識のある選択をするのを助けるために本当に役に立ちます。

3.考慮すべき染毛剤のヒント。

ヘナ染料 多くの場合、髪を染める代わりの安全な方法と考えられています。ヘナをよりよく理解するために、ユニリーバのレオンヴァンゴルコムからいくつかの洞察を得ました。彼はすべてのヘナが同じではないことを指摘しました。彼は続けて、「ヘナの色を変えるためにいくつかの化学物質を加えることができます。赤以外の色を約束するヘナは、いわゆる複合ヘナであり、これらの「ヘナ色」は金属塩で作られています。最も頻繁に使用される材料は酢酸鉛ですが、硝酸銀、銅、ニッケル、コバルト、ビスマス、鉄塩も使用されています。」

どのくらいの頻度であなたの自然な黒髪を洗うべきですか

Leon-van Gorkomはさらに次のように説明しています。「ヘナカラー処理の結果が気に入らず、修正したい場合は、カラーの専門家に連絡してください。ヘナ処理後に通常のパーマネントカラーを使用する場合は注意が必要です。赤以外の色を生成するヘナには、永久染料のアンモニア(またはその誘導体)と反応する金属塩が含まれている可能性があり、これにより緑がかった色になり、髪が損傷したり、炒めたりします。



妊娠中にたまたま髪を染めた場合は、頻繁に染める必要がないように、色を維持するようにしてください。カラーセーフシャンプーとコンディショナーを使用すると、色あせを防ぐだけでなく、1日おきに髪を洗うだけです。私たちは好きです Suaveケラチンインフュージョンカラーケアシャンプー そして Suaveケラチンインフュージョンカラーケアコンディショナー 色と髪の強さを維持するために!

「妊娠中に髪を染めるのは安全ですか」以外に、妊娠に関する詳細情報が必要ですか?で私たちの機能をチェックしてください 妊娠後の脱毛 。

ニュースレターにサインアップして、All ThingsHairの専門家から独占的なヘアケアのヒントとコツを入手してください。